「センス・オブ・プログラミング!」正誤表

このページは、拙書「センス・オブ・プログラミング!」技術評論社 ISBN4-7741-2173-8 の正誤表です。

日付順のインデックス


全般

ところどころ、ソース中の「!=」の間が妙に空いている部分があります。 「!」のフォントが全角になっているのが原因です。

現状で確認できている範囲で、以下の箇所です。


p.52 6行目

誤)
2.プログラムが読みやすくなる

正)
2.プログラムが読みやすくなる


p.60 図2.4のふたつ上のパラグラフ

誤)
しかも、0と10は同じ指の形ですから、実質は0〜9までになるでしょう。

正)
しかも、0と10、1と9、2と8などは同じ形ですから、実際は6通りの数しか表現していません。


p.60 図2.4

左下の指の形は「6」を表現しているので、その下の数字は 0ではなく6でなければなりません。


p.66 図2.14

右下のOR回路が、絵の方だけAND回路になっています。


p.85 図2.26

コンパイラの出力は、hello.cではなくhello.oです。


p.113 下から3行目

誤)
ちなみにJavaやC++では、「ラベル付きbreak」により、 gotoを使わずに書くことができます。

正)
ちなみにJavaでは、「ラベル付きbreak」により、 gotoを使わずに書くことができます。

C++には「ラベル付きbreak」はありません。

これはかなり罪が重い間違いですね。申し訳ありません。


p.134 下から7行目

誤)
カードのパンチには、「カードパンチャー」という…

正)
カードのパンチ、「カードパンチャー」という…


p.142 下から5行目

誤)
AssertErrorをthrowしますが

正)
AssertionErrorをthrowしますが


p.149 上のPOINTの下

誤)
ところで、ソフトウェア工学に関する古典

正)
ところで、ソフトウェア工学に関する古典に


p.198 2行目

誤)

Line polyline_array[LINE_MAX]; 

正)

Polyline polyline_array[LINE_MAX]; 


p.223 4行目

誤)
p.220の「ポイント」にある実装隠蔽のメリットのうち…

正)
p.220の「POINT」にある実装隠蔽のメリットのうち…

参照先の表記がPOINTですので。


p.223 下から二つ目のかけ網部分

誤)

public interface Hoge {
    public int hoge();
       :
}

正)

public interface Hoge {
    int hoge();
       :
}

このpublicはあってもなくても構いませんが、ない方が推奨されています。


p.254 図6-10

最後のBlockElementだけ、lが筆記体になっています。


p.262 下のかけ網部分

誤)

BlockElement be;
double height;

height = be.calcHeight();

正)

BlockElement be;
double height;
// 中略
height = be.calcHeight();

C版では「中略」が入っていますので。


p.267 上から5行目

誤)

ろん「時間」とは処理時間のことであり、空間とはメモリ空間のこと

正)
ろん「時間」とは処理時間のことであり、空間とはメモリ空間のこと

「時間」の方だけカッコで囲むのも変ですし。


p.278 真ん中あたりのかけ網部分

誤)

// カーソルの位置の直後の文字を削除
void backSpace();

正)

// カーソルの位置の直前の文字を削除
void backSpace();

p.293 リスト中の上から5行目

誤)

// カーソルの位置の直後の文字を削除
void backSpace();

正)

// カーソルの位置の直前の文字を削除
void backSpace();

p.278と同じミスがコピペで増殖していました。


p.296 下から2行目, p.297上から2行目

誤)
キーがクリックされた

正)
キーが押された

普通キーは「クリックされた」とは言わないと思いますので。


索引

索引中のいくつかの単語について、ページ番号がずれているようです。

副作用:97ページではなく98ページ
プロシージャ、関数:98ページではなく99ページ


「センス・オブ・プログラミング!」のページに戻る | トップページに戻る